マイクラの荒らしで非認知機能を高める為に、教室に集まってマルチプレイでプロジェクト回す経験値を高める

 

最近、非認知能力の勉強をしています。

非認知能力とはIQではない、「意欲」「協調性」「粘り強さ」「忍耐力」「計画性」のような能力です。

頭いいほうがいいじゃない?と思うことも多いのですが、人生って長いので、頭良くて勝てる期間は大学卒業時までなんですよね。

厳密に言うと、学校を最終卒業時のためにIQで勝負しているという事です。

もちろんIQが高いほうが良いですよ。親としてもね。

ただ、自分が死んだ後も子や孫が幸せに生きてくれるかということを考えると、非認知能力の方が圧倒的に重要なんだろうなと感じます。

GRIT力、やりつづける力も非認知能力ですね。

そういえば、前回子供が7時からのテレビを見ない方法ですが、うちでは夜7時40分になると

きこえタマゴ!

このホームページをみて頂くと小学生むけだなってわかります。

大人はちょっとよくわからないUI。

あと、うち数ヶ月前にテレビが映らなくなってね・・・電波の都合で。

でも、映らなくなったら、子供はテレビを見ずに過ごすんですね。

そんなもんですよ。

 

騎士が猫から逃げるゲーム

本日初参加の小学校2年生が今日プログラマーになってくれました。

浮動小数点

何回目かの参加でオリジナルゲームをどんどん作ってくれる小学校4年生です

 

文字列演算

マイクラに興味を持っていないエンジニア気質の小学校6年生の興味の先はVBAで作成したプログラムを解剖すること。

マインクラフト荒らしと社会性

今回の目玉。

今回から、マインクラフトマルチプレイを利用して、プロジェクトを管理する学習をはじめました。

具体的には、時間内に何かを作るという目標に対して、全員で話し合い、役割分担をして、計画を実行するというものです。

そのために、モバイル回線を増やしました!

サーバーは達人がご提供してくださっています!

 

プロジェクト自体はうまく回りません。

小学生ですからね。

それでも、続けているとプロジェクトの回し方が分かるんですよね。

それで、受験に受かるか?と言われたらそれは努力の結果なので別問題です。

そして、話が戻りますがIQで勝ち続けようと思ったら、殆どの人が勝てないんですよ。

なぜなら、IQ勝負は学生時代だけですから。

あと、IQ勝負できるところは人工知能の方が圧倒的に強いです。

 

受講生同士で話し合ったプロジェクト仕様

目的 みんなで暮らすアパート建築

階数 3階

備考 共有スペースあり

 

という目標のもとプロジェクトを回し始めたのですが・・・教室内ででマルチプレイをしているのに、荒らしが発生してしまいました。

荒らしというのは、荒らし回る人の事なのですが、全員同じ教室にいるのに荒らしが発生するという事自体が興味深かったです。

荒らしは良くないのですが、荒らしが発生した際に、どうやってみんなで解決していくかのほうが大切なんです。

サーバー管理者からしたら、Banして二度とログインさせない方法もとれたんでしょうが、保護者の方を交え本人に6048個分のかぼちゃを返してもらうという落とし所になりました。保護者の方もよくご理解されていて助かりました。

 

かぼちゃ?ゲームだろというご意見も有るかと思います。

はい、デジタルデータです。

ですので、ドラクエの中のゴールドと同じ感覚です。

でも、たかがゲームでしょって言ってしまうと、今の日本はデジタルデータで動いている状況でも同じことが言えるかという話になるんです。

仕事で3日書けて作った資料を、間違えて削除して、ごめんね、でも、データでしょ?

銀行のオンライン口座のデータが消えたら、発狂するでしょ?

そういう事ですので、今回のサーバー管理者の方の寛大な対応には感謝しております。

これは、サーバー管理者の方にとっても、Banできるところを、対話で解決するという成長に繋がったと思っています。

 

これをオンライン限定のマルチプレイで遊んでいたら、Banされて終わりでした。

Banというのは二度とサーバーに入ることができない厳しい処置です。

Banした方も、Banされた方も、人と人との対話無く関係が終了します。

そこに学びは無いんです。

だから、公民館でマルチプレイでプロジェクトを回す経験の意味があると気づかされました。

これは、私自身にとっても非常に実りの多い出来事でした。

 

 

草抜きの達人(仮 Unityでチーム開発するプロジェクトです。

Unityアプリ制作講義のプロトタイププロジェクトです。

システム開発を行う場合最も効率的なのは1人での開発です。

人が増えると、情報伝達が増え、会議が増え、必要以上の手間がかかります。

様々な能力値の人が集まると軋轢がうまれます。

しかし、チームで働く必要がある以上、その方法論を知っているか知らないかでは、実務に入った際のストレスや効率が大きく変わります。

学生時代に生徒会等に参加していた事は、非常に実りのある学習だったことを今気づきました。

義務教育ありがとう。

 

2018年1月の講義は、1月6日と1月20日の両日ともに土曜日の9:30-11:30です。

新プロジェクト発足!

下のポスターの左側の部分です。

平成30年4月度からUnityやマイクラで本気のプログラミング教室を岡山市の京山公民館講座で始めるかもしれません。

重要なのは、本気で学ぶ人の集まる場所を作る事が目的です。

熱意を持って教えれば伝わると思うでしょ?

だったら、義務教育受けている子供はみんな100点とれます。

小学校の先生の熱意には頭が下がります。

しかし、現実は100点とれません。

うちの子も授業中に消しゴムみじん切りするのにお忙しかったです。

つまり、消しゴムみじん切りにしている子には別のアクションが必要なのではないかと。

人工知能を使った仕事のやり方がもうそこにある社会で考え抜く力を身に付けたいですね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

btn_form-2x

申し込みや詳しい説明はコチラ

岡山県岡山市京山公民館で開催中のマインクラフトゲームアプリプログラミング学校では、自分のUSBメモリを持ってき頂けると、継続学習が可能です!
↓最近先生はこの16GBモデルを買いました。黒いので白いペンで名前を書いておいてくださいね。間違えて友達のを持って帰らないように、自己責任。↓

値段は変わります。

広告