22名のUnity勇者誕生!クリスマスもサイピアでUnityプログラミング

クリスマス、皆様いかがお過ごしでしょうか?

世の中、AI、AIって特集していますが、IT、ITって特集していた頃が懐かしいですね。

そんなクリスマス前のサイピアではUnity勇者が誕生しています。

今回は、Unity講座の講師を目指す小学生に、受講生作品を撮影・編集して頂きました。

便利な世の中になりましたね。

実は、前回11月か10月かにも開催したんですが、その時は、付近の小学校の参観日と被ってしまい、予約されていた方が一気にキャンセルされ、参加者がゼロ人となってしまい中止になりました。

でも、皆さん予めキャンセル連絡してくださって助かりました!

うっかり、Unity勉強会って書きましたが、岡山Unity勉強会さんとは違います。

そして、岡山Unity勉強会さんとは仲良しです。

だから、Unity勉強会って写真に書いてしまった後に、あー、なんか良くないなって思っています。

修正すれば良いのでしょうが、そこも含めてサイピアクリスマスUnity勉強会です。

 

アンケート実施

今回はステップアップアンケートを実施しました。

中世ヨーロッパを作った後、更にいろいろやってみたい人と聞いた所15人の受講生が手を上げてくれました。

これが、多いか少ないかはわかりませんが、結局は同行してくださる保護者の方のご都合が大切ですよね。

なお、このUnity講座は子供向けにやっているわけではございません!

今回も大人の方がきてくださいました!

実際、仕事で使ってみたいというお話で嬉しかったです!

あくまで、小学生2年生以上なので、社会人もきてくださいね!

 

別件で、受講生がチーム開発を学びながら作っているUnityオリジナルゲームのその後です。

今回は、背景を入れて、アイテム音を一部追加しました。

 

主な活動

Scratchを飛ばしてUnityをやっているわけです。

マインクラフトを飛ばしてUnityをやっているわけです。

子供が理解できるのかなって思うことがありました。

ただね、私、6歳の時にBASICやってました。

いや、やっていたというか、ファミコンがなくて、BASICが動くパソコンがあったけど、ゲームがなくて、説明書だけが有ったのでタイピングしていたという感じです。

その説明書に書いてあるコードを打ち込むと地球儀のような丸いものが描写されるんですが、それを描写するのに何時間もかかってタイピングしていました。

なので、興味を継続してくれれば、それで良いのではないかと思いました。

大切なのは楽しむこと。

ただ、それだけなんじゃないかって。

 

2018年1月の講義は、1月6日と1月20日の両日ともに土曜日の9:30-11:30です。

新プロジェクト発足!

下のポスターの左側の部分です。

平成30年4月度からUnityやマイクラで本気のプログラミング教室を岡山市の京山公民館講座で始めるかもしれません。

重要なのは、本気で学ぶ人の集まる場所を作る事が目的です。

熱意を持って教えれば伝わると思うでしょ?

だったら、義務教育受けている子供はみんな100点とれます。

小学校の先生の熱意には頭が下がります。

しかし、現実は100点とれません。

うちの子も授業中に消しゴムみじん切りするのにお忙しかったです。

つまり、消しゴムみじん切りにしている子には別のアクションが必要なのではないかと。

人工知能を使った仕事のやり方がもうそこにある社会で考え抜く力を身に付けたいですね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

btn_form-2x

申し込みや詳しい説明はコチラ

岡山県岡山市京山公民館で開催中のマインクラフトゲームアプリプログラミング学校では、自分のUSBメモリを持ってき頂けると、継続学習が可能です!
↓最近先生はこの16GBモデルを買いました。黒いので白いペンで名前を書いておいてくださいね。間違えて友達のを持って帰らないように、自己責任。↓

値段は変わります。

広告